「The Time (Dirty Bit)」BEPテクノ部門代表曲はコレ!!

   

スポンサーリンク

The Time (Dirty Bit) (ザ・タイム(ダーティ・ビット))

【2010年11月5日発売】

コメント

6thアルバム「The Beginning」からのリードシングル。全米シングルチャートにて最高4位を獲得。また、イギリス、ベルギー、オーストラリアでは1位を獲り、各国で上位にランクインした曲です。

アルバムジャケットにも表れてますが、原型がないくらい電子化されてるので、BEPのテクノ系の曲が好きな人におすすめです。

ファーギーが、「これは私たちが生きているこの素晴らしい時代を祝福する曲なの」と説明しているように、この曲は「Where Is The Love?」や「I Gotta Feeling」などと並ぶBEPの代表曲になっています。

また、この曲のMVは、BEPの「Imma Be / Rocking That Body」をはじめ、ファーギーの「Clumsy」やエミネムの「Not Afraid」を手掛けたリッチ・リー監督が務めています。

歌詞に関しては、”have the time of one’s life”で「今までにないほど楽しいひと時、最高の時を過ごす」という意味があります。

タブーのパートで”Mick Jagger/rollin’ like a Stone”という歌詞がありますが、これは、ローリングストーンズとそのボーカルのミック・ジャガーを指しています。

 

スポンサーリンク

サンプリングはこちら

Jennifer Grey&Patrick Swayze「(I’ve had) the time of my life」

冒頭のコーラスでサンプリングされているのが、1987年のアメリカの青春恋愛映画「ダーティ・ダンシング」の主題歌として№1になったJennifer Grey(ジェニファー・ワーンズ )とPatrick Swayze(パトリック・ スウェイジ)の「(I’ve had) the time of my life」をサンプリングしています。

エレクトロ・サウンドを打ち出しながらも、この曲の一節を曲の一部に組み込んでいて、まさにウィルがコメントする『昔の曲を引用しながらクレイジーでヤバいビートをプレイする』ことに成功しています^^

 

まとめ

・6thアルバム「The Beginning」からのリードシングルで1曲目に収録。

・ピクセル・ミュージック・ビデオ、エレクトロ・サウンド

・サンプリングは、Jennifer Grey&Patrick Swayze「(I’ve had) the time of my life」

 

スポンサーリンク

 - BEP's Song