「Meet Me Halfway」壮大な世界観のラブソング♪

   

スポンサーリンク

Meet Me Halfway(ミート・ミー・ハーフウェイ)

【2009年9月23日発売】

コメント

5thアルバム「The E.N.D.(The Energy Never Dies)」より、3枚目のシングルです。

ビルボードシングルチャート最高7位。 イギリスのシングルチャートでは1位を記録しました。その他、オーストラリア、ベルギー、ドイツ、ノルウェー、スコットランド、ルーマニアでは1位、 イタリア、アイルランドでは2位、 ニュージーランド、フランス、スイス、チェコ共和国では3位、 オーストリア、ハンガリーでは4位、カナダ、スペインでは5位、デンマーク9位などを記録。

同アルバムからシングルカットされた「Boom Boom Pow」や「I Gotta Feeling」が売れすぎたせいか、あまり知られていませんが、こちらもまた世界的に大ヒットした曲です。 

ファーギーのためるような唄い方が、まるで無重力空間にいるような浮遊感と、壮大でストーリー性を感じさせています!!

アルバムの前半、駆け抜けていくように未来感満載のサウンドを繰り広げていったかと思えば、3曲目にこの曲を投入。見事なまでに緩急をつけるあたりがかなり憎い演出だなと思います。

私の中では、BEPベスト3に入る曲です^^

 

リリック

”Meet Me Halfway”=”(あなたと私と)中間の所で会いましょう”と言った意味ですが、実際に二人が会う所を”どちらからも同じ距離のところで合おう”と言っている場合の外、何か二人が議論しているが決着がつかないような場合、”(お互いに妥協しあって)中間の所で合意しよう”と一方が言い出しているような場合もあります。

ファーギーが歌うフレーズで、”Can you meet me halfway?”という歌詞がありますが、この”Can you~?”は、”〜してくれる?”の意味です。

ということで、この歌詞においては”途中で私と会ってくれる?”=話し言葉で言うと、”私に会いに来て”と言っているんですね。

それに対する、メンバー3人のソロラップの歌詞が、”お前のことだけ考えて過ごしてる”、”毎日、会いたい”、”今、会いたい”、”二人のために死ぬまで頑張るよ”などと歌っていて、かなりコテコテのラブソングで、キュンキュンしちゃいますね^^

スポンサーリンク

ミュージックビデオ

このMVは太陽系のさまざまな場所にいるメンバーに注目です。

  • Fergie(ファーギー)は青々とした緑色のジャングルの真ん中
  • Apl.de.ap(アップル・デ・アップ)は遊牧民の姿で砂漠の惑星に浮上
  • will.i.am(ウィル・アイ・アム)は木星の月で象に乗っている
  • Taboo(タブー)は宇宙服で太陽の周りにいる

アップルは地図を取り出し、ウィルはコンパスを使って、他のメンバーがどこで落ち合えるか検索しています。

しばらくすると、ウィルは各メンバーが通過する接触ポイントを明らかにするダイヤルを見つけます。 

そして、メンバーはスターゲイト(=簡単に言えば”どこでもドア”のこと)を使って星を吹き込み、地球上に着陸するのです。

広大な宇宙の中で、全く別のところにいるメンバー4人が、地球に戻るという、この曲のイメージと歌詞通りのミュージックビデオです。

 

まとめ

・5thアルバム「The E.N.D.(The Energy Never Dies)」より、3枚目のシングルで、3曲目に収録

・「Boom Boom Pow」や「I Gotta Feeling」に続く、世界で大ヒットした曲

・壮大な世界観のラブソング

・ミュージックビデオは曲のイメージと同じく宇宙が舞台

 

スポンサーリンク

 - BEP's Song