「I Gotta Feeling」の歌詞はパーティ♪

      2017/08/24

スポンサーリンク

「I Gotta Feeling」

【2009.6.3発売】

ブラックアイドピーズ史上No.1ヒットソングがこちらです。
Billboard Hot 100で14周連続1位を獲るなど、世界的に大ヒットしました。
2009年にリリースされ、翌年のグラミー賞(Best Pop Vocal Album)に輝いたアルバム「The E.N.D.」からの1曲です。
 
この曲でブラックアイドピーズの名を世に知らしめたのは言うまでもありません。
どこに行っても流れていましたよね。
今の若い子達(笑)は、ブラックアイドピーズと言ったら、この曲なのではないでしょうか。
 
ウィル・アイ・アム曰く『世界中のパーティ・ピープルに捧げる曲』で、ヨーロッパのエレクトロニック・カルチャーとアメリカのヒップホップ・カルチャーが融合したエレクトロホップ。多くの人にとって非常に困難な時期(リーマンショック後)だからこそという思いで書かれたパーティ・ソングです。
 
ミュージックビデオでは、冒頭BEPがパーティに行くための身支度から始まります。それだけでワクワク。蛍光塗料を塗りたくり、みんなでバカ騒ぎして、まさに「パーティ」。
 
 

リリック

歌詞も非常に分かりやすい曲です。
 
I gotta feeling
(感じるんだ)
That tonight’s gonna be a good night

(今夜はきっと良い夜になる)

ちなみに、gottaとは、got to とか have got toとか  have got a の省略形で、ガラとかガッタとか発音します。
「~しなきゃ」の意味ですかね^^

スポンサーリンク

プロデューサーはDavid Guetta(デヴィッド・ゲッタ)!!

実は、昨今のEDM流行の先駆けがこの「I Gotta Feeling」だってご存じでしたか?
なんと、プロデューサーは今や泣く子も黙るデヴィッド・ゲッタです。
そうです、ウィルはいち早くゲッタ先生に目をつけていたんですね。
 
フランス出身の彼は、今では名実ともにトップに君臨するEDM代表のDJであり、音楽プロデューサーでもあります。
2015年に開催された野外フェス「ULTRA JAPAN(ウルトラジャパン)」では大トリをつとめ、お台場を唸らせました。
 
 

MV出演

デヴィッド・ゲッタ(David Guetta)…EDMの先生
ピットブル(Pitbull)…お祭りラッパー
キッドカディ(Kid Cudi)…パリピの教祖
ケイティ・ペリー(Katy Perry)…おしゃれガールの音楽の先生
シャンテル・ジョーンズ(Chantal Jones)…スーパーカリスマモデル
ディーン・ケイティン&ダン・ケイティン(Dean and Dan Caten)…兄弟でデザイナー

スポンサーリンク

 - BEP's Song